Ready For?プロジェクトスタート!


2011年3月11日東日本に大震災が起こり地震、津波による甚大なる被害が起った際,私共が行う米国国際野球教育委員会(IBEC USA)に所属する選手並びにご父兄から支援に関しての相談を受けました。
子供達は義捐金として御両親に頼るのではなく、自分達の小遣いでも出来る生活必需品を送りたいとの事でしたが、当時在領事館等は義捐金のみの受付で、支援品の生活必需品を送る術がないとの相談を受けました。そこでIBEC USAとして何か出来ないかと、コンティナを手配し、各学校、団体・組織を廻り支援物資を集め日本へ送る事に致しました。さらにただ日本へ送っただけでは、本当に必要とされる方の手元へボランティアの方々のお力を拝借しお届けさせて頂きました。


当時小学生だった選手達も今は高校生になり、厳しい野球の練習に励んでおります。
そんな折、ブルックリン市との御縁から第二回「 East Meets West」となる米国東西交流試合を行う事になりました。
米国に住んではおりますが、祖国日本の事をいつも大切に考える選手達に、御褒美となる大会の実現に向けて行きたいと考えております。


実行するにあたり子供達御家族の負担を軽減する為に、Ready For?のお力を拝借し、プロジェクトをスタートさせる事と相成りました。 選手達の明るい未来への架け橋になれればと考えております。


御賛同頂ければ幸いです


Ready For?プロジェクトはこちら